愛犬案内

愛犬案内

私たちのパートナー犬たちの紹介です

私たちの愛犬の紹介です

ケビン(ゴールデン2015年虹の橋を渡りました)

体格もよく、性格良しのケビン。うまくいかないことも色々教えてくれました。ありがとう!

 

ブラン(ボーダー2016年8月虹の橋を渡りました)

縁あって8か月で貰って来たブラン。今考えると素晴らしい犬でした。扱えなかった自分の下手さに今更ながら気づかされます。ごめんブランありがとう!

 

グー(ボーダーコリー)2021年2月虹の橋を渡りました

売れ残りの犬でこの犬も8か月の時にブリーダーさんから頂きました。
温和で今考えると欠点が少なくとても良いコでした。初めて私たちで上位クラスに食い込めた犬でもあります。グーありがとう!

 

クロ(ベルジアングローネンダール) 2023年虹の橋をわたりました

3ヶ月で我が家へ来たとても優しいグローネンダール。頭がいいの犬でしたから、都合の悪いことは中々大変でしたね。色々勉強させてもらって今のジャンボ君の育て方にもつながってきます。クロありがとう!

 

ピーちゃん(ベルジアンタービュレン)2020年8月虹の橋を渡りました

マリノワの両親から生まれたタービュレン。ということはマリノワそのものの性格。
明るくてせっかちで楽しい犬でした。
アジリティではハードルの問題にぶつかり、唯一3度に上がれなかったです。海外の有名トレーナーの手法などありとあらゆる方法を取り入れましたが、走りだすと悪いほうに戻ってしまいました。ただそのフィードバックから今はっきりとハードルを飛ばせる理論がまとまりました。バーを落とさないトレーニング理論ができたのは全てはピーちゃんのおかげです。ピーちゃん色々ごめん。ありがとう!

 

テッテ(シェルティ)2023年虹の橋をわたりました

家族全員を選考会に連れて行ってくれたスーパードッグです。スポーツ良し、愛想良しの我が家のアイドルでした。ありがとうテッテ!

 

クイック(マリノワ)

我が家初めての輸入犬。フランスで選んで検疫の終わる10か月までフランスにいました。日本ではありえない親子交配ということで非常に厳しい性格の犬になりましたが、この犬にも色々学ぶことができました。

 

ニッケル(ボーダーコリー)

選考会に6回出ています

モチベーションが高く、家庭でも温和な犬で、誰とでも遊べます。

 

リュー(ベルジアンタービュレン)

フランス輸入犬です。アジリティをしています。誰でも愛される性格ですが容姿が良いために少々わがままに育ててしまってます。

 

ヤマちゃん(ボーダーコリー)

頭が良くて可愛らしいボーダーです。ジャンボ君モモちゃんのママ。2023年アジリティー世界選手権表彰台。同年ヨーロピアンオープン個人12席

 

めぐみちゃん(シェルティ)

どんな犬でも相手ができるかわいいコです

 

ジャンボくんモモちゃん

うちで産まれて残ったヤマちゃんの子犬です